着物を着るならどこで買うべき?【予算感やメリット・デメリット】

ふとっ!「着物をきてみたい。」「身内の結婚式や卒業式があるから着物で参加してみたい」と思われた時などないでしょうか?

実は、最近徐々に着物でイベントに参加してみたい方が増加しているのです。

しかし、いざ着物を用意するとなった時に、「そんな頻繁に購入する物でもないしどうやって用意したらいいのか?」「平均的な予算は?」

などなどそんな疑問がわいてきますよね!?

今回は呉服屋の経営、着物リサイクルショップ経営、着物レンタルのサービスも手掛ける私だからこそわかる、各お店のメリットとデメリットを簡単にまとめてみましたので、これから着物を楽しまれるご参考にして頂けたらと思っております。

呉服屋

特徴

町の呉服屋から百貨店、大手のチェーン店など様々な形態があり、着物のクリーニングや寸法直しなど着物に関するほとんどの要望にお応えすることができる着物に関してのスペシャリストのお店。

平均予算

  • 正絹 30,000円〜150,000円
  • 化繊 4,000円~30,000円

※ホテルで開催などの展示会などに行くと・・・・ 買い過ぎにはご注意を(^^♪

メリット

着物選び、寸法やコーディネート、お手入れまで様々なことをワンストップで相談できる頼もしい専門家。

わからない事があれば、お電話でちょっと聞いてみるのもお薦めです(^^♪

デメリット

着物初心者にとっては、少し敷居が高いと感じたり、お店によっては勧誘がしつこかったりするお店があるので注意が必要です。

また、販売しているものが仕立てる前の状態の物には、お仕立て代がかかるので予算が少々高めになりがちです。

レンタル着物

特徴

大きく分けて2つの営業形態があり、店舗でアドバイスをもらいながら着物を選べるお店や、ネットで注文できる宅配型のレンタルショップがあります。

最近では、京都の観光地などに『着物街歩き』着物着付けがセットになってたり、気軽に着物体験できるお店などもあります。

平均予算

  • 5,000円〜50,000円
  • 成人式の振袖、ホテル着用のレンタル:20,000円〜200,000円

メリット

着用後の面倒なお手入れなどの必要がなく、着ていく場所や気分に応じて色々な着物を選び楽しむ事ができます。

最近は、専門家が帯や小物一式をコーディネートそのままをレンタルなどのサービスもあり便利になっております。

デメリット

着たい着物があっても、同じ日に他の人が先に予約を入れてしまっていると、好みの着物を着られないことがあります。

特に成人式の振袖は同じ日に行われることが多いので、人気の振袖は争奪戦になってしまいますので早めのご予約がお薦めです。

リサイクルショップ

特徴

着物のユーズド品を販売しているお店。

お店によっては、雑然と着物を並べているだけのお店であったり、アンティーク着物専門など様々。

今では売られていないデザインや、アンティーク着物など、着物好きな方はお宝を捜すような楽しさがあります。

平均予算

  • 約1,000円〜50,000円

メリット

1番の魅了は安いこと!呉服屋でお仕立てするのとは違い、すでに着物の形になっているのでお買い求めしやすい価格帯となっています。

また、着物の現物を見て、触ってお買い求めができるので、インターネットでありがちな、『商品が届いてみたら何だか写真と違う!?』がないのもメリットの1つです。

デメリット

自分好みのお着物が揃っているお店を見つけるのが非常に重要になります。

また、着物の寸法や素材の表記がしていない店も多いため、メージャーを持参で行かれる事をお薦め致します。

ネットショップ

特徴

新品からユーズド品など多種多様な着物を扱うショップがあります。

柄や値段の幅も広く、自分好みのお着物を捜すことができ、実店舗で買うよりも比較的お得にお買い物ができます。

平均予算

  • 2,000円〜30,000円

メリット

新品からユーズド品まで自分好みのお着物を実店舗で買うよりも比較的お得にお買い物ができる。

また、家にいながら好きな時間に自由に着物を買うことができ、接客されるのが苦手という方が気軽にお着物を買うことが出来るのもメリットだと思います。

デメリット

洋服買う時と同じで、実際に手に取って風合いなど確認できないので、サイトに記載されている写真と説明で判断しなければなりません。

ユーズド品を購入の場合は、汚れやシミなどの状態や寸法にご注意してご購入下さい。

まとめ

各業態に寄って、メリット、デメリットあるので、着用頻度などによってお薦めは変わってきます。

私のお薦めは、結婚式など、1度きりしかご着用されない方は、レンタルがいいように思います。

着物は少なからず、クリーニングや保管方法などのメンテナンスが必要になってきますので、着用後返却するだけってとても便利なサービスだと私は思っております。

でも、卒業式やご身内が多いなど何度もご着用予定がある様ならば、ご購入されるのも一つの選択肢だと思われます。

ご自分の着物を持つと愛着もわいてきますし、女性一番の悩みである『何を着ていこうかしら?』がなくなります。

私の妻の場合は、「お呼ばれしたら必ず着物で参加すれので、着る物に迷わなくて楽よ!」といっておりました(;^ω^)笑

 

着物を趣味とし長く楽しみたい方は、まず呉服屋さんで比較的安価な化繊のお着物からスタートしたらいいように思います。

呉服屋さんの定員さんに自分にあった寸法や、お手入れ方法などアドバイス頂きながら、選ぶことが出来ますし自分の目的や好みにあったコーディネートのお着物を安心して購入する事が出来ます。

ですが、呉服屋で購入時はついつい高額のお着物を購入しがちなのでご注意ください(ノД`)笑

着物に触れてだんだんと自分の好みや寸法の事がわかったら、是非インターネットショップやリサイクルショップで自分好みのお着物を捜してみてください。 目が肥えてくると、安価でお宝着物を見つけるのも楽しくなってくると思います(^^♪

 

私共は今まで、成人式や結婚式などたくさんの幸せそうな着物姿をお見送りさせて頂きました。

あの着物を着たときの凛として心躍る体験を皆さんにもっとしてほしいと思っております。

今後もすてきな思い出や想いが、きもの姿から生まれることを願うばかりであります。

合掌

きもの屋 MIYABI.net

代表  清水 雅喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA